調達の実行とは何か?PMBOKのプロセスを紹介

調達の実行の概要

調達の実行とは、PMBOKの中で紹介されているプロセスの1つで、納入候補者から回答を得て、納入者を選定し、契約を終結するプロセスです。
プロジェクトでは、プロダクトに必要な部品や資材、労力など様々な資源を調達します。
PMBOKの手法に従えば、調達の実行のプロセスに至るまでに調達マネジメントの計画のプロセスを実施し、調達の方針を定めています。
調達の実行のプロセスは、その方針に従い、納入者を選定し、契約を終結していきます。

調達の実行のインプット

調達の実行の主なインプットは以下の通りです[1]PMBOK第6版、484~485頁。

調達の実行のツールと技法

調達の実行の主なツールと技法は以下の通りです[2]PMBOK第6版、487~488頁。

  • 専門家の判断
  • 公告
  • 入札説明会
  • データ分析
  • 人間関係とチームに関するスキル

調達の実行のアウトプット

調達の実行の主なアウトプットは以下の通りです[3]PMBOK第6版、488~499頁。

1 PMBOK第6版、484~485頁。
2 PMBOK第6版、487~488頁。
3 PMBOK第6版、488~499頁。