SCAMPERとは何か?アイデアを刺激する7つの問いかけ

SCAMPERの概要

SCAMPERとはアイデアを刺激する問いかけの各頭文字をとったものです。

  • Substitude?(代用品はないか?)
  • Combine?(結びつけることはできないか?)
  • Adapt?(応用することはできるか?)
  • Modify? / Magnify?(修正、拡大はできないか?)
  • Put to other uses?(他の使いみちはないか?)
  • Eliminate or minify?(削除か削減はできないか?)
  • Reverse? / Rearrange?(逆にできないか?再編成できないか?)

これらの問いはブレインストーミングの考案者として知られるアレックス・F・オズボーン(Alex Faickney Osborn)が考えたいくつかの質問を、ボブ・イバールが発展させたものです[1]Michael … Continue reading

SCAMPERを活用する方法

SCAMPERはそのまま利用してもアイデアを刺激してくれますが、以下の2点に気をつけることで、より効果的に利用することができます[2]Michael … Continue reading

  • 考えたいと思っている課題や題材を他のものから切り離す
  • 課題が一歩進むごとにSCAMPERの7つの質問をして、どのような新しいアイデアが生まれるかを考える

1,2Michael Michalko(著)、斎藤勇(訳)、塩谷幸子(訳)、小沢奈美恵(訳)『アイデアのおもちゃ箱―独創力を伸ばす発想トレーニング』ダイヤモンド社、1997年、80頁。