アイデア・ボックスとは何か?パラメーターを組み合わせて新しいアイデアを生み出す方法

アイデア・ボックスの概要

アイデア・ボックスとは、課題に内在するさまざまなパラメーターを組み合わせて、新しいアイデアを生み出す方法です[1]Michael … Continue reading
アイデア・ボックスにおけるパラメーターとは、特性や要素、変数、局面を意味します。そのパラメーターのヴァリエーションをリストアップし、それらを組み合わせてアイデアを生み出していきます。

アイデア・ボックスの基本手順

アイデア・ボックスの基本手順は以下のとおりです[2]Michael … Continue reading

  1. 課題を詳細に記述する
  2. 課題のパラメーターを選ぶ
  3. ヴァリエーションをリストアップする
  4. さまざまな組み合わせを試してみる

ここからは、アイデア・ボックスの基本手順を詳しくみていきましょう。

課題を詳細に記述する

アイデア・ボックスを用いてアイデアを出す際には、まず課題を詳細に記述していきます。
今回は例として「新しいお皿の考案」を課題にして考えていきましょう。

課題のパラメーターを選ぶ

課題を設定したら、次はパラメーターを選んでいきます。
上述のとおり、パラメーターとは、特性や要素、変数、局面を意味します。たとえば「新しいお皿の考案」という課題であれば、パラメーターとしては材料や色、形、ユーザーなどが挙げられます。

ヴァリエーションをリストアップする

パラメーターを選んだ後は、ヴァリエーションをリストアップしていきます。
たとえば、「材料」というパラメーターのヴァリエーションには土や木、鉄、プラスチックなどが挙げられます。

さまざまな組み合わせを試してみる

課題を選び、パラメーターも選ばれ、ヴァリエーションもリストアップされれば、それらの情報を以下のような表にまとめていきます。

新しいお皿の考案
材料ユーザー
幼児
平皿ティーン
深皿妊婦
プラスチック刺身皿シニア

このように、各パラメーターのヴァリエーションを1つの表にまとめたものがアイデア・ボックスです。
アイデア・ボックスが完成したら、各パラメーターの列から1つずつヴァリエーションを選んで組み合わせていきます。たとえば、先ほどの表であれば「材料」の列から「木」を、「色」の列から「赤」を、「形」の列から「深皿」を、「ユーザー」の列から「妊婦」というように選んでいき、アイデアを生み出していきます。
今回は4つのパラメーターにヴァリエーションを4つずつ記載していきましたが、これだけで256通りのアイデアが生まれることになります。
さまざまな要素の組み合わせでアイデアを量産したい場合は、このアイデア・ボックスの手法が役に立ちます。

1Michael Michalko(著)、斎藤勇(訳)、塩谷幸子(訳)、小沢奈美恵(訳)『アイデアのおもちゃ箱―独創力を伸ばす発想トレーニング』ダイヤモンド社、1997年、131頁。
2Michael Michalko(著)、斎藤勇(訳)、塩谷幸子(訳)、小沢奈美恵(訳)『アイデアのおもちゃ箱―独創力を伸ばす発想トレーニング』ダイヤモンド社、1997年、131~132頁。