【難しいことはさておき】駆け出しWebデザイナーにMacBook Proをおススメする理由【パソコン選びの基本】

2022年7月28日

「どんなパソコンがおススメですか?」と聞かれるけれど

Web関係の仕事をしていると、駆け出しのWebデザイナーさんやこれからWebデザインを始めようとしている方から「どんなパソコンがおススメですか?」と聞かれることがよくあります。
パソコンは目的や用途によって求められるスペックが変わってきますが、特にこだわりがなく、WebデザインをするのであればMacBook Proをいつもおススメしています
今回は駆け出しのWebデザイナーさんにMacBook Proをおススメしている理由をお話ししていきます。

Webの仕事をしていてパソコンにイライラすること

Web関係の仕事をしていてパソコンにイライラすることといえば、PhotoshopやIllustratorを始めとするAdobeソフトを使っている時ではないでしょうか?
スペックの低いパソコンでPhotoshopやIllustratorを使うと、フリーズしてしまったり、ひどいときには起動すらおぼつかなかったりします。
逆にいえば、Adobeソフトさえストレスなく動いてくれれば、仕事をする中でパソコンに不満を持ったことはありません。
そのため、Webデザイナーさんがパソコンを買う上で最も重要なことは「Adobeソフトが満足に動くスペックを持っているか」であるといえるでしょう。

Adobeソフトをストレスなく動かすには

パソコン性能の基本

Adobeソフトに限らず、各種のソフトウェアを動かすときには、パソコンの以下の性能が関係してきます。

  • CPU
  • コア数
  • メモリ

CPUはよく「パソコンの脳の賢さ」として紹介されます。たとえば、パソコンの中で仕事をしてくれる作業者がいるとして、その人の賢さがCPUに当たります。このCPUの性能が高ければ高いほど、難しい処理を素早く行うことができます。
コア数「パソコンの脳の数」としてたとえられます。さきほどの作業者に言い換えれば、パソコンの中に何人の作業者がいるかを示しているのがこのコア数です。
そして、この作業員が仕事をする「机の広さ」「メモリ」です。このメモリが大きければ、作業者が広々としたスペースで同時にいくつもの作業を行うことができ、逆にメモリが小さいと、机のスペースが小さくなるため、難しい大きな仕事をこなすことは困難です。
いかに賢い作業者だとしても、1人でこなせる仕事の量には限界があります。そのため、コア数がすくないと仕事が滞り、パソコンが動かなくなる原因になります。また、メモリが小さければ、作業するスペースが小さくなるため、うまく作業を進めることができず、これもパソコンの動きが悪くなる原因になります。

CPU、コア数、メモリに加えて近年重要になってきたのがグラフィックボードの有無です。グラボと略されるこのパーツは、映像の処理能力(GPU)に関係してきます。たとえるなら、「パソコンの中の作業者のデザイン力」といったところです。
最近ではパソコンでゲームをする人が多くなったため、ゲームの映像の処理を安定させるためにグラボを搭載したゲーミングパソコンが注目されていますが、グラフィック系のソフトでもグラボの有無で処理が変わってきます。必須というものではないですが、よりストレスのない仕事環境を目指すのであれば、グラボ搭載のパソコンを購入するようにしましょう。

なぜMacBook Proなのか?

以上、Webデザインの仕事に関係するパソコンの性能について簡単にまとめてきました。では改めて、数多くのパソコンがあるなかで、MacBook Proがおススメなのでしょうか?
それは、すべての性能が十分高く、コストパフォーマンスに優れているからです。これは一見当たり前のようですが、WindowsパソコンでWebデザインにちょうどいいスペックを探すのは一苦労です。
ここからは、その理由をお話ししていきます。

スペックは求めすぎるときりがない

Razerの最高スペックのノートPCのキャプチャ画像
2022年春時点で最高スペックのノートパソコンの1つ。
しかし、Webデザインにここまでのスペックが必要だろうか?

「パソコンの性能がCPUやコア数などに依存するなら、目いっぱい良いものを選ぶべきでは?」と誰しも一度は思うはずです。

しかし、プロのゲーマーでもない限り、高すぎるスペックのパソコンは高価なだけで、宝の持ち腐れとなってしまいます。
たとえば、Windowsのゲーミングパソコンとして人気が高いRazer社のノートパソコンであれば、最高スペックのノートパソコンになると50万円を超える値段になります。これは他社のゲーミングパソコンも同様で、性能を高めていくとそれだけ値が張ります。
ゲームをするのであれば性能は高ければ高いほど没入感を得られて良いのですが、Webデザインだけであればそこまでのスペックは必要なく、お金を無駄にしてしまいます。

「ちょうどいいスペック」が難しい

では「Webデザインをするのにちょうどいい、コスパに優れたパソコン」とは、どのようなスペックのパソコンなのでしょうか?これには正解はないので、財布と相談して、満足のいくパソコンを選ぶしかないのですが、Windowsパソコンは様々な会社から多種多様なモデルが発売されているため、比べ始めるときりがありません。「こちらのパソコンは性能のよい最近のCPUだけどコア数が4しかない。あちらのパソコンは一昔前のCPUだけど8コアある。あそこのゲーミングパソコンはグラボが搭載されて性能も全体的に高いが、値段が30万円もする。」というように、最適なノートパソコンを選ぶのは難しいことです。
実のところ、こうしたスペックの比較で必要以上に悩まずに済むのがMacBook Proの良いところです。カスタマイズできるものもありますが、Mac製品の多くはAppleがよいと思うスペックで作られているため、あれやこれやと迷わずに済みます。

バランスの良いMacBook Proのスペック

2022年7月25日現在、一番安価な13インチのMacBook Proであっても、CPUは8コア、メモリは8GBあり、GPUも10コアあり、値段は178,800円に抑えられています。MacBook ProのCPUはWindowsパソコンのものと異なるため比較は難しいですが、高い性能のCPUが使われていると考えて問題ありません。同じ性能のWindowsパソコンを同等の値段で手に入れるのは難しく、見た目と画面の美しさや軽さまで考えると、MacBook Proに代わるものは簡単に見つかりません。

MacBook Airも及第点

AppleからはMacBook Proより一回り性能を落とし、価格を下げたMacBook Airが発売されています。MacBook AirもAdobeソフトを動かす上で性能的に問題を感じるほどではありません。とはいえ、少しの性能の違いが、使用感に影響を与え、作業中のストレスにつながっていくため、このあたりも自身の財布と相談しながらProにするかAirにするかを選ぶとよいでしょう。

MacBookを選ぶ時の注意点

ここまでは特にこだわりがなく、Webデザインが目的であれば、MacBook Proをおススメする理由をお話してきました。
WindowsパソコンではWebデザインでよく使うAdobeソフトを動かすのにちょうどいい性能のパソコンを選ぶのは、選択肢が多すぎて難しいため、手ごろな値段でバランスよく性能の高いMacBook Proがおススメです。
しかしProを選ぶにせよ、Airにするにせよ、MacBookを購入する際はいくつか注意事項があります。

WindowsとMacの表現の違いに注意する

今回はWebデザインを念頭において話を進めてきましたが、Webデザインをする時はWindowsとMacの表現の違いに注意しなければなりません。
たとえば、両者のフォントの違いや、OSの違いによるレイアウトの微妙な違いはWebサイトを作る中でたびたび問題になります。
そのため、MacBookを購入する場合であっても、画面確認用のWindowsパソコンは用意しておくことをおススメします。これはWindowsパソコンを買う場合も同様で、画面確認用にMacBook Airなどを手元に置いておくとよいでしょう。

Macに対応していないソフトは未だ多い

Macパソコンも普及してきたとはいえ、まだまだWindowsのみに提供されているソフトは多くあります。
多くの場合、類似した機能を持つソフトがMac向けにリリースされているのですが、「クライアントのWindows向けソフトに合わせないといけない」という場合は難儀してしまいます。こうした場合も想定し、Windowsパソコンは1台用意しておいたほうがよいでしょう。

Macパソコンには「Boot Camp」といってWindowsを使えるようにする機能もあります。
ただし、この機能も可能なパソコンが限られているため、注意が必要です。

ゲームも楽しみたいならゲーミングパソコンがおススメ

「せっかく性能の良いパソコンを買うなら、ゲームも楽しみたい」と考える方も多いかと思います。MacBookはAirであってもそれなりの性能があるため、グラフィックを低品質にするなどして工夫すれば問題なくゲームを遊ぶことができます。
ただしゲームを快適に遊ぶことがパソコンの購入の大きな目的であれば、やはりゲーミングパソコンを買ったほうがよいでしょう。
これはグラフィックもさることながら、すでにお話ししたようにMac向けには販売されていないソフトがあるので、Windowsのゲーミングパソコンを買ったほうがゲームを楽しむことができます。

まとめ

今回はおススメのパソコンを質問された時にMacBook Proをおススメしている理由を解説してきました。
Webデザインをする中で多用するAdobeソフトをストレスなく動かすためには、それなりの性能のパソコンが求められますが、「ちょうどいい性能」というのが難しいため、性能のバランスのよいMacBook Proをおススメしています。
ただ、「Webデザインをする」という用途以上のことを求めると、MacBook Proでは物足りなくなってくるため、その場合はゲーミングパソコンを検討するとよいでしょう。