フラッシュメモリのNOR型とNAND型の違いは何か?両者の長所と短所のまとめ

フラッシュメモリの型とは?

フラッシュメモリとは、ブロック単位(読み書き可能な単位)での消去や書き込みができる不揮発性メモリのことで、大きく分けてNOR型NAND型の2つの型が存在します。
このフラッシュメモリの2つの型について、応用情報技術者試験では以下のように出題されたことがあります。

NAND型フラッシュメモリに関する記述として、適切なものはどれか。

ア)バイト単位で書き込み、ページ単位で読み出しを行う。
イ)バイト単位で書き込み及び読出しを行う。
ウ)ページ単位で書き込み、バイト単位で読出しを行う。
エ)ページ単位で書き込み及び読出しを行う。

応用情報技術者試験 平成30年度春午前10問

今回は、このような情報技術者試験の問題を正答するために、フラッシュメモリのNOR型・NAND型の違いについて解説していきます。

NOR型・NAND型の相違点まとめ

NOR型とNAND型の違いをまとめると以下のようになります1) Flash 101: NAND Flash vs NOR Flash – Embedded.comWhat is NOR Flash Memory? 「NOR型」と「NAND型」の違いとは? フラッシュメモリの2大選択肢を比較:フラッシュストレージ選定の前にチェック(1/2 ページ) – TechTargetジャパン サーバ&ストレージ の記述をもとに作成。

NOR型NAND型
主な用途携帯電話、科学機器、医療機器など MP3プレーヤー、デジタルカメラ、USBフラッシュドライブ など
コスト高い安い
読み取り速度高速低速
書き込み速度低速高速
消去の速度低速高速
書き込み・読出しの方法バイト単位ページ単位
消費電力多い少ない
信頼性高い低い

   [ + ]