インフラエンジニアの仕事内容とは?向いていない人や必要スキルとキャリア形成、年収についてもご紹介

2022年5月26日

就職活動や転職活動中に、インフラエンジニアに興味を持ったものの仕事内容がわからなかったり、本当に自分に向いているのか不安だったりする方もいるのではないでしょうか?
今回は、インフラエンジニアの仕事内容や必要なスキル、キャリア形成、向いていない人の特徴などを解説していきます。

インフラエンジニアとは

一般に知られているシステムエンジニアは、ITに関わる全ての領域を担当しますが、インフラエンジニアは、ITインフラの設計・構築・運用・保守を行うエンジニアのことです。
ITインフラは企業のITシステムの基盤となるシステムや設備(サーバーやネットワーク、OSなど)のことを指し、企業の経営にとって欠かせないものです。
DX化が進む企業にとってIT基盤を支えるインフラエンジニアの需要は高いので、今後も注目される職種だと考えられます。

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキルは、以下の通りです。

  • ITインフラの基礎知識
  • クラウドサーバーのスキルや知識
  • ネットワークのスキルや知識

サーバーエンジニアの場合はクラウドサーバーのスキルが、ネットワークエンジニアの場合はネットワークのスキルが特に求められます。
また、インフラエンジニアに限らずエンジニアにはクライアントや他部署と連携するためのコミュニケーションスキルも必要です。

キャリアパス

インフラエンジニアのキャリアパスとしては大きく3つ考えられます。

  • 現場のスペシャリストになる
  • 管理職を目指す
  • 異業種へチャレンジする

それぞれの詳しい職種や内容について見ていきましょう。

現場のスペシャリストになる

知識とスキルを高めて、現場で活躍するITスペシャリストを目指す道があります。
ITスペシャリストは高い技術力や知識量はもちろん最新情報の収集力も求められます。
管理職に興味が薄く、常に技術を高め続けたいと考えるエンジニアの方におすすめしたいキャリアパスです。

管理職を目指す

管理職としてのキャリアパスを描くならプロジェクトマネージャーを目指しましょう。
チームの進捗管理やクライアントとの折衝を任されるので、責任感が強く人と関わることが好きなエンジニアの方に向いています。

異業種へチャレンジする

インフラエンジニアとしての知識やスキルを活かして異業種へチャレンジするなら、以下の職種も考えられます。

  • ITコンサルタント
  • ITアーキテクト
  • セキュリティエンジニア

培ってきたスキルも活かすことができ、年収も大幅にアップすることが可能です。
それでは仕事内容について詳しく見ていきましょう。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、インフラエンジニアとしての知識に加え、経営の知識を持って企業へのアドバイスを行います。
経営に関わるため求められるレベルは高いと言えますが、年収も業界最高レベルです。
クライアントとの距離が近いため、人から頼られることが好きでビジネスに興味のある方はやりがいを感じられるでしょう。

ITアーキテクト

ITアーキテクトとは、以下のように定義されています。

ビジネス及びIT上の課題を分析し、ソリューションを構成する情報システム化要件として再構成する。

引用元:「職種の概要と達成度指標(4)ITアーキテクト」p3“https://www.ipa.go.jp/files/000024927.pdf”2012 経済産業省,独立行政法人情報処理推進機構


簡単に説明すると、ITアーキテクトはIT技術の動向を熟知し、システムの全体的な構造を分析した上でクライアントとの方針決定、問題解決までこなす必要があります。
また、ITアーキテクトの中にはインフラストラクチャアーキテクチャという専門領域があります。この専門領域ではインフラ部分に関わる設計をこなす必要があり、インフラエンジニアのスキルが活かせる分野です。

セキュリティエンジニア

名前の通りセキュリティの知識やスキルを必要とされ、企業のセキュリティ対策の立案や構築を任されるエンジニアです。
インフラエンジニアの場合もセキュリティの知識は必要とされるので、そのスキルを伸ばしてキャリアチェンジすることが可能です。

インフラエンジニアの年収

インフラエンジニアの年収

求人サイト・求人ボックスが運営する「給料ナビ」によると、2022年4月25日現在で、正社員のインフラエンジニアの平均年収は539万円です[1]インフラエンジニアの仕事の平均年収は539万円/平均時給は1,141円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス
日本人の平均年収が400万円程度といわれていますので、それに比べると高い傾向にあります。
また、キャリアパスとしてご紹介したITコンサルタントやITアーキテクトはさらに高い傾向にあるので転職して年収をあげることも可能でしょう。

インフラエンジニアに向いていない人

論理的に考えることが苦手、細かな作業が苦痛、夜勤は無理と考える人にはインフラエンジニアには向いていないと考えられます。
職場にもよりますが、インフラの運用や保守は夜勤対応が必要な場合もあります。
しかし、それらが気にならずハードウェアに関わることが好きな方にとっては、天職となる可能性も高いでしょう。