ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメントとは何か?PMBOKのプロセスを紹介

ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメントの概要

ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメントとは、PMBOKのプロセスの1つであり、ステークホルダーのニーズや期待に応え、課題に対処し、ステークホルダーの適切な関与を促すためにステークホルダーとコミュニケーションをとり、協働するプロセスです[1]PMBOK第6版、

ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメントのインプット

ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメントの主なインプットは以下の通りです[2]PMBOK第6版、525~526頁。

ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメントのツールと技法

ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメントの主なツールと技法は以下の通りです[3]PMBOK第6版、526~528頁。

  • 専門家の判断
  • コミュニケーション・スキル
  • 人間関係とチームに関するスキル
  • 行動規範
  • 会議

ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメントのアウトプット

ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメントの主なアウトプットは以下の通りです[4]PMBOK第6版、528~529頁。

  • 変更要求
  • プロジェクトマネジメント計画書更新版
    • コミュニケーション・マネジメント計画書
    • ステークホルダー・エンゲージメント計画書
  • プロジェクト文書更新版
    • 変更ログ
    • 課題ログ
    • 教訓登録簿
    • ステークホルダー登録簿

1 PMBOK第6版、
2 PMBOK第6版、525~526頁。
3 PMBOK第6版、526~528頁。
4 PMBOK第6版、528~529頁。