原価計算とは何か?原価計算の種類を紹介

2022年7月4日

原価計算とは

原価計算とは、製造業において製品の製造にかかった費用を算出し、製造原価を計算することです。
製品を製造するには、材料の値段だけではなく、それにかかる組立加工費や人件費、加工設備や貯蔵設備の減価償却費など、さまざまな費用がかかります。原価計算によって、様々な角度から原価を算出・分析することで、効率的な原価管理を実現できます。

原価計算の種類

原価計算には以下のような種類があります。

  • 標準原価計算
  • 実際原価計算
  • 直接原価計算

簡単にこれらの内容をまとめていきます。

標準原価計算

標準原価計算とは、「この程度の原価で製造しよう」と、最初に目標となる原価を設定するための原価計算です。
トラブル等が発生せず、スムーズに製造がおこなわれた場合の理想的な原価が算出されます。

標準原価計算については、下記の記事もご参照ください。

実際原価計算

実際原価計算は製品を製造して、実際にかかった費用を集計する原価計算です。

直接原価計算

直接原価計算は原価を固定費(製品をどれだけ製造しても変わらない費用。工場の家賃など。)と変動費(製品を作れば作るほど増える費用。材料費など。)に分け、変動費に重点をおいて原価計算を行う原価計算です。利益計画を立てるために使われる原価計算方法です。

参考