【お悩み】プロジェクトを任せられるスタッフがいない

お悩みのキャッチ画像

経営者さま
経営者さま

事業拡大のために、多くのプロジェクトを回していきたいのですが、プロジェクトを任せられるスタッフがおらず、困っています……。

SSAITS
SSAITS

プロジェクトマネジメントは体得できるスキルです!
スタッフさまにプロジェクトマネジメントを学んでいただきましょう。

プロジェクトを進められないと、事業は拡大しない

事業を拡大したいとき、会社をもっと大きくしたいとき、数多くのプロジェクトをこなし、新しい製品やサービスを生み出すことが求められます。

企業経営を考える際、多くの場合はこれから展開する事業領域(ポートフォリオ)を定め、その事業を拡大するためにどのようなプロジェクトが必要なのかを考えていきます。

例えば、「飲食事業」というポートフォリオに狙いを定め、事業を拡大していくとすると、「新メニューの考案」「」という経営課題が生まれ、その課題を達成するためのプロジェクトが必要になります。

このように、プロジェクトというのは事業拡大の構成要素であり、プロジェクトを進めていかなければ、事業も大きくなっていきません

誰もプロジェクト・マネジャーを引き受けない

「プロジェクトの達成 = 事業の拡大」であるものの、プロジェクトの担い手であるプロジェクト・マネジャーはあまり人気のないポジションです。

多くの場合、「責任が重い」「炎上したらどうしよう」という不安が、貴社のスタッフさまがプロジェクト・マネジャーになりたがらない原因となっています。

目を掛けていたスタッフさまをプロジェクト・マネジャーに任命したところ、プロジェクトの重圧に耐えかねて、離職を招いてしまったというのもよくある話です。

結局プロジェクト・マネジャーのなり手がおらず、何か新しいことをするときはいつも経営者さまが自分一人でやらないといけない。しかし、自分自身もやることが多い中で、新しいプロジェクトにまで手が回らず、結局は何もできぬまま時が過ぎてしまうということはないでしょうか?

プロジェクトマネジメントは体得できるスキルです

さまざまな理由でプロジェクト・マネジャーという役割は不人気ですが、不人気の要因の多くはプロジェクトマネジメントのスキルを体得することによって解消可能です。

例えば「炎上したらどうしよう」というプロジェクト全体に対する不安はもちろんのこと、「責任が重い」という不安要素もチーム・マネジメントのスキルによって解消することができます。

会社のスタッフさまにプロジェクトマネジメントのスキルを身に着けてもらいたい場合は、プロジェクトマネジメント協会(PMI)が出版しているPMBOKと呼ばれる『プロジェクトマネジメント知識体系ガイド』から学ぶのが一般的です。

PMBOKはさまざまなプロジェクトで使えるノウハウが凝縮されており、PMPという独自の資格試験もあるので、大変人気のあるプロジェクトマネジメントのガイドになっています。

スタッフ育成はSSAITSにお任せください!

そんな人気のPMBOKですが、弱点と思われる点もあります。
それはPMBOKは初学者が取り組みにくいということです。
PMBOKは専門用語が多く、ページ数も多いため、なかなか勉強しにくいものです。それがプロジェクトに慣れていない方であれば、難易度はさらに上がってしまいます。

「プロジェクトマネジメントを体得してもらいたいけど、独学で学んでもらうのは難しそうだな……」

このようなお悩みをお抱えなら、SSAITSにご相談くださいませ!
SSAITSはクライアントさまとともに目標を定め、最適な研修プランをご提案いたします。

お問い合わせは以下のフォームから、お気軽にご連絡くださいませ。